不登校の防止

もし、あなたにお子さんがいて、ある日突然「もう学校に行きたくない」と言い出したら、あなたはどうしますか?今日本全国で、何らかの理由により義務教育である小学校及び中学校への出席を拒否している『不登校児童』が増加しています。
文部科学省によれば、『不登校』の生徒であると見なされる定義は、病気や経済的な問題ではなく、心理的な問題や精神的な問題等により、登校できない、または本人は登校をしたいと思っているができない生徒のことをいいます。

不登校に関する問題提起は、つい最近始まったことではありません。
過去に一定の取り組みはなされてきたものの、統計的にみれば成果は上がっていると言いがたい現状なのです。
そもそも、不登校は防止できるものなのでしょうか。

例えば、学校に行くのが面倒くさい、勉強するのが嫌いだから行きたくない、と考えている生徒は少なくないでしょう。
私達大人になってからもいろいろなことが面倒に感じることがあるのですから、小学生や中学生がそう考えるのも無理はありません。
その他、学校に行きたくないと考える様々な要因があることでしょう。

その時、近くに誰かサポートしてくれる人はいるでしょうか。
本当に子供のことを分かってあげられるのは誰でしょうか。
学校側や先生が行えることは本当に限られているのでしょうか。
まだ情緒不安定になりやすい年齢の子供たちをサポートする人の努力により、不登校は防止できます。
このサイトを通し。
皆さんと一緒に、現状と打開策について考えていきましょう。



◎特集
不登校になった子供の悩みを解決する方法を紹介しているサイトです →→ 不登校 悩み